水素電気自動車追加確保、充電所普及…水素エネルギー研究開発事業の推進

[水素電気自動車追加確保、充電所普及…水素エネルギー研究開発事業の推進]

光州広域市が炭素マイナス環境にやさしい水素都市、光州(クァンジュ)をモットーに水素基盤環境にやさしい、高効率エネルギー社会および産業を構築、水素自動車のハブ都市を造成に拍車をかけている。

現在、光州市は、電気自動車の普及拡大とともに水素電気車普及フヮルソンファウルために水素自動車・電気自動車融合ステーションの国産化技術の開発や実証事業と水素の電気自動車や充電所の普及事業を推進している。

特に水素電気車普及の活性化と国内ベンチャー企業の育成と民間企業投資を誘導し、雇用創出を通じた未来の経済成長基盤の産業に育成しようと努力している。

先に水素、電気車を昨年まで41代普及したことに続き、今年は4月、民間人を対象に54台を公告し、熱い関心の中に早期締め切りが予想した。 水素電気車を購入すれば、車の一台当たりの国費2250万ウォン、是非1000万ウォンなど計3250万ウォンの補助金が支援される。

このように破格的な支援に市民らのさらなる普及要請が相次いで、下半期中に普及数量を拡大することにして100台分の国費を確保した。

水素充電所も拡大する。 光州市は2期だけの水素充電所を来年まで7期以上、2022年までに水素充電所14基以上運営して、水素、電気自動車5000台を普及する計画を立てて推進している。

これを通じてほかの地域に比べて多くの水素充電所インフラを保有することになれば、水素エネルギーを中心に様々な研究開発事業を施行する計画だ。

これと関連、光州(クァンジュ)市は23日から7月15日まで光州(クァンジュ)の金大中(キム・デジュン)コンベンションセンター、野外中央広場で現代(ヒョンデ)自動車主催で'NEXOと共にする水素電気ハウス'を運営する。
水素電気ハウスは水素燃料電池自動車3台が作るエネルギーにより、エアコン、TV、照明などの展示館の中の全てのエネルギーを供給するシステムである。 今回のハウスは、未来環境にやさしいライフを体験できる230平方メートル(70坪)規模空間で水素の電気自動車のエネルギー原理と未来水素社会を体験することができる。

市の関係者は"水素電気エネルギーの環境への安全性を広報するため、一時的に展示された水素電気ハウスを、光州に誘致するようになった"、"今後環境にやさしい水素エネルギーを基盤と水素電気車や部品産業クラスターの造成と水素エネルギー基盤の水素の電気自動車関連産業の中心都市構築を目標に水素自動車のハブ都市を具現する"と話した。

< 原文記事 出所 : www.gwangju.go.kr 市政ニュース >

光州広域市、国際グリンカ展示会とロボット博覧会 開催

[光州広域市、国際グリンカ展示会とロボット博覧会 開催]

光州広域市は7月5日から3日間、金大中(キム・デジュン)コンベンションセンターで第11回国際グリンカ展示会と2018光州(クァンジュ)国際IoT・家電・ロボット博覧会を統合開催すると明らかにした。

光州(クァンジュ)市が主催し、金大中(キム・デジュン)コンベンションセンター、KOTRA、(財)、光州(クァンジュ)グリーン・カー振興院などが共同主管する今回の国際グリンカ展示会は4次産業革命時代に応えることが環境にやさしい自動車産業の先端技術とトレンドの変化、ロボット技術などを観覧できる総合展示会だ。

今年の行事には30カ国236社が参加して433のブースを運営する。

まず、起亜自動車と現代(ヒョンデ)自動車、トヨタ、日産、BMWなど126社のグローバル自動車会社が、エコカーをはじめ、農業用電気車、電気トラクター、e-スクーター、三輪EV Carなど、国内外に発売された電気自動車を披露する。

また、フランスの無人車両会社ナブ・だよ(Navya)とポーランド電気モーターの生産会社であるコメル(Komel)など海外21社が自社代表製品を展示して、英国の自動車製造貿易協会(SMMT)使節団も訪問する予定だ。

2018光州(クァンジュ)国際IoT・家電・ロボット博覧会には三星電子、光州(クァンジュ)共同ブランドなど地域代表的家電大手企業を含めた国内・海外110社が参加してIoTホーム家電をはじめとするスマート家電製品、ロボット産業関連製品などを展示する。

ともに、タイ投資環境説明会、欧州連合市場への投資セミナー、代替部品認証制度説明会、国際先端自動車技術のコンファレンス、光州(クァンジュ)電気自動車の先導都市造成のためのフォーラムなど各種カンファレンスの行事と’現代(ヒョンデ)自動車NEXOと共にする水素電気ハウス’、光の村でのロボット・フェスティバル、光の村ドローン競進大会などのイベントも多彩に行われる。
この他にも優秀な製品の海外市場への輸出販路開拓のため、欧州国家や米国、インド、日本、ロシアなどのグローバル企業の有力海外バイヤーを大挙招待した輸出商談会が同時に行われる。

市の関係者は”民選7期、光州(クァンジュ)が、大韓民国の中心に跳躍するためには4次産業革命時代に合致するビジョンと実践力が担保されなければならない”、”環境にやさしい自動車産業とロボット産業の融合発展が光州(クァンジュ)の未来を切り開いていくもので、今回の展示会が同伴成長のための動力になるだろう”と話した。

一方、国際グリンカ展示会は先月2008年、国内で初めて開催された環境にやさしい自動車専門展示会で産業通商資源部が選定した有望展示会であり、国内で唯一国際的な市連合(UFI)から国際認証を受けた展示会だ。

< 原文記事 出所 : www.gwangju.go.kr 市政ニュース >