韓国光州と全羅南道旅行に行こう!

韓国全羅南道の務安国際空港 入国で全羅南道、光州がもっと身近になりました。

スターフライヤー航空 羽田空港 北九州空港経由 務安国際空港チャーター便運営


ㅁ航空会社:スターフライヤー


ㅁ発着地:羽田空港(北九州空港経由)


ㅁ予約期限:出発14日前まで


ㅁ搭乗期間:2023年11月1日~2024年3月31日帰国分まで


ㅁ スケジュール 
羽田空港20:30発 北九州22:10着、北九州空港23:50発 務安国際空港(韓国)01:00着
務安国際空港(韓国)05:00発 北九州06:10着、北九州空港08:00発 羽田空港09:35着


ㅁ委託手荷物30kgまで無料

上記の航空機を活用した旅行商品は下記添付を参考(務安空港-ホテル送迎バスを含む)

https://starflyertour.jp/trip/muan_charter/plan03/

2022 GWANGJU MEDI-HEALTH FAIR

概要

題名 :2022 GWANGJU MEDI-HEALTH FAIR 

日付 : 2022年11月11日(金)~13日(日)

会場 : 金大中コンベンションセンター、韓国

お問い合わせ:pyjeugene@korea.kr

https://www.semedic.kr/fairDash.do?hl=ENG

 出展プロフィール

医療産業ゾーン
生体材料部品(歯科、整形外科、循環器等)、IT医療融合技術 光医療機器、ライフケア、医療IOT/ICT、その他医療機器・機器等

シニア インダストリー ゾーン
理学療法機器および機器、補聴器、シニア・障害者補助機器、医薬品、衛生用品、杖、福祉車両、銀金融商品、レジャーなど

安全・介護産業圏
認知症ケア、病院施設、老人ホーム、医療相談、介護・介護サービス、保健所など

メディカルツアーゾーン
国内・地域代表病院、外国人患者獲得支援機関、コーディネーター教育機関、メディカルツアー専門旅行会社、ホテル、航空会社等

ヘルス&ビューティ商品ゾーン
ヘルス&ビューティー製品、アンチエイジング、自然健康食品、環境にやさしい家庭用品、オーガニック食品、健康補助食品など

健康教室&体験ゾーン
ゲストスピーカー講演会、医師会、健康診断専門病院など

韓国初の「水素融合エネルギー実証センター」真谷産業団地に構築

光州広域市は2021年5月、‘水素融合エネルギー実証センター’を構築して、水素充填技術の高度化に乗り出すなど、水素自動車の充填インフラ構築に力を入れています。

光州市は、将来のエネルギーとして水素を注目して水素充填インフラ技術の開発に参加するなど、将来の水素社会に積極的に対応して準備して参りました。

5月には韓国初の「水素融合エネルギー実証センター」を真谷産業団地内に構築しており、これにより、水素ステーション新技術の開発と故障の予測などの問題を解決するための技術開発をリードしています。

今月末からは、韓国の開発品である水素抽出機、分散型発電設備などが設置されて試運転を開始する予定です。下半期には車両の安全評価システムを導入し車両安全基準の開発を進める計画です。

一方、 光州市内には乗用車802台、バス6台が普及され運行しています。今後、毎年水素ステーション3〜4ヶ所を追加設置して2030年までには主要な地域に合計50ヶ所の水素ステーションを構築していく予定です。

 

 

(株)光州グローバルモーターズの工場の竣工

(株)光州グローバルモーターズの工場は、韓国で23年ぶりに新しく建設された完成車工場です。

光州広域市は2021年4月29日、ビッグリーン産業団地内にある(株)光州グローバルモーターズの工場で竣工式を行いました。竣工式には文在寅(ムン・ジェイン)大統領、 成允模(ソン・ユンモ)産業通商資源部の長官、 李庸燮(イ・ヨンソプ )光州市長などが出席しました。

光州市と自動車最大手・現代自動車は2019年1月に自動車生産の協定を締結しました。

ビッグリーン産業団地に面積18万3000坪規模で建設された(株)光州グローバルモーターズの自動車工場は、車体工場、塗装工場、組立工場などで構成されていて、年間10万台を生産する予定です。

特に、自動車市場の変化に柔軟に対応できるようにエコー、デジタル、柔軟化の3大コンセプトに建設され、いつでも環境にやさしい自動車の生産設備に変更が可能です。

 

光州グローバルモーターズ試験生産段階に突入

国初の共生型地域雇用モデルである(株)光州グローバルモーターズは工場建設と設備設置、試験運転を事実上完了し、今月の4月から本格的な試験生産に突入します。

4月1日、光州グローバルモーターズによりますと、4月5日に車体工場をはじめ、塗装工場、組立工場の順番で試験生産を始めます。

(株)光州グローバルモーターズは、このような人材の確保を完了し、車体工場と塗装工場、組立工場などの3つの工場の設備設置作業を済んで、試験運転を終えるなど完璧な準備システムを整えました。

一番最初に試験生産に突入する車体工場は、主に溶接を担当する118台のロボットや29人の人材が働くことになります。

塗装工場は、38台のロボットや82人の人員が投入されます。特に光州グローバルモーターズの塗装過程に添加する物質は、従来のシンナーの代わり人体に無害な水を使用して、環境にやさしいという点が最大のメリットです。

組立工場は完成車を作る最後の段階で、エンジンなどの自動車の各部品を組み立てて完璧な車を作り出します。

一方、光州グローバルモーターズの工場は、昨年2019年12月26日に着工式を開いて、本格的な建設をはじめ、今年2月には設備設置の作業を事実上終え、今月の4月末に竣工する予定です。

光州市、AI企業にAIクラウドを提供

光州広域市と人工知能産業融合事業団は「人工知能の中心、産業融合集積団地造成」事業の一つとして推進されている「国家AIデータセンター」の試験サービスをスタートしたと3月2日、明らかにしました。

国家AIデータセンターは、総事業費900億ウォンを投入して先端の3地区に入居する予定で、コンピューティング演算能力88.5PF(ペタフロップス)、ストレージ容量107PB(ペタバイト)で世界的水準の性能を誇ります。

国家AIデータセンターではAI中小ベンチャー企業、公共機関、大学などの人工知能関連の学習・推論・分析分野の研究・製品開発・サービスローンチを進める企業をサポートするようになり、光州市内に所在するAI企業と本社・支社・研究所の光州市への移転を予定しているAI企業に優先的に支援します。

さらに、AI加速器の試験・適用環境を構築して今後AI半導体の検証のために環境も提供する計画です。

特に高価なAI加速器をすぐに必要とする企業を直接支援するために、4月から8.85PF加速器の性能と10.7PBストレージ容量を、NHNが運営するクラウドを通じて、まずサポートします。

このために、光州市と人工知能産業融合事業団は、100社以上の企業を選定して、一社あたり最大125TFと50TBのデータストレージをサポートします。

そして2023年から光州に構築される国AIデータセンターを通じて、1000社以上の企業に88.5PF性能と107PBのストレージを提供します。

今回の試験サービスは、4月1日から始まる「国家AIデータセンター」の正式サービスを控えて加速器、データレイク、SWソリューションサービス(SaaS)などAIの開発環境を確認するために推進されました。

韓国の産業通商資源省は、光州広域市を経済自由区域に最終指定しました。

今年、6月3日に韓国の産業通商資源省は、光州広域市を経済自由区域に最終指定しました。

 

光州経済自由区域は、光州が未来戦略産業として集中的に育成している未来の自動車、人工知能、スマートエネルギー産業団地を含めており、これらの産業の画期的な発展が期待できます。

 

光州広域市の4つの地区

 - 未来自動車の産業地区であるビッグリーン産業団地

 - スマトーエネルギーの産業地区であるエネルギー国家産業団地、

 - エネルギー一般産業団地、

 - 人工知能の地区である先端3産業団地

 

4.371㎢を光州経済自由区域に指定されました。

 

経済自由区域に指定されると、労働や経営関連規制などが緩和になって、投資規模に応じて地方税や関税が減免されるなど、さまざまなインセンティブが提供されます。

未来の自動車、人工知能、エネルギーなど光州の未来をために主力産業団地をすべて含めておりビジネスしやすい環境が提供されます。

未来型自動車産業地区とスマートエネルギー産業地区は光州グローバルモーターズ(光州広域と現代自動車の合弁会社)と韓国電力との協力を強化し、新たな技術や製品の開発研究を支援する計画です。

 

 

 

AIヘルスケア産業スタートアップのためのプラットフォーム整備事業がスタート

「AI中心都市光州」の重要分野の一つ、AIヘルスケア産業の育成に向けたプラットフォーム構築事業が本格化しています。 これは、光州広域市が推進する「AI中心産業融合集積団地造成事業」の一環で、光州広域市と同市東区は病院や個人の医療データを活用した製品開発・事業化を目的としています。

 

第一段階として、全南大学病院と、韓国のマイクロ医療ロボット研究者らが参加し、光州広域市東区のスタートアップ支援センター内にコミュニティーセンターを造成、また、全南大学病院内に、オープンヘルスケアのためのビックデータープラットフォームを構築します。事業費は35億ウォンで、2020年末まで事業基盤インフラを目指しています。

さらに第二段階として、国家予算から150億ウォンを投じ、製品化コーディネートセンターを造成する計画です。

これらは、病院や個人の医療データを収集・加工、プラットフォーム構築などを推進する最初のモデルとなります。

プライバシー保護のため非識別化された医療データを今後のAI集積団地内のデータセンターに保存、共有する計画で光州型「AI中心産業融合集積団地造成事業」のコアとしての役割を果たすことが期待されています。

また、全南大学病院はオープンヘルスケアのビッグデータプラットホームの構築などのための施設のスペースを提供して、、企業が必要とする非識別化した医療データを提供することで、病院と企業の協業モデルとして機能します。

 

 

韓国最大の人工知能、S /Wメーカー光州AI技術センター設立

光州広域市は(株)TmaxSoftと光州型人工知能ビジネス基盤造成のための業務協約を締結し、会社の技術研究開発センターの光州への移転、設立などを推進することにするなど、光州人工知能、生態系の建設に積極的に協力することにしました。

光州市は3月5日、「光州型人工知能ビジネス基盤の造成」のための業務協約を締結しました。

今回の業務協約を通じて(株)TmaxSoftは、過去25年の間にソフトウェア(SW)技術開発の経験をもとに光州に人工知能に特化した研究開発(R&D)中心技術センターを設立し、また、人工知能関連の専門人材の育成と雇用創出のために乗り出す計画です。

光州市は2月17日、国家保安研究所の光州地域事務所の設立に関わった協約と2月19日IEEEのAI標準研究院誘致に続き、今回の協約で、ビッグデータ分析、ソフトウェア開発などの人工知能関連先導企業の光州誘致を本格化することにより、今後「光州人工知能の生態系づくり」のための関連機関と企業の光州行きが本格化するものと期待しています。