今年、6月3日に韓国の産業通商資源省は、光州広域市を経済自由区域に最終指定しました。

 

光州経済自由区域は、光州が未来戦略産業として集中的に育成している未来の自動車、人工知能、スマートエネルギー産業団地を含めており、これらの産業の画期的な発展が期待できます。

 

光州広域市の4つの地区

 - 未来自動車の産業地区であるビッグリーン産業団地

 - スマトーエネルギーの産業地区であるエネルギー国家産業団地、

 - エネルギー一般産業団地、

 - 人工知能の地区である先端3産業団地

 

4.371㎢を光州経済自由区域に指定されました。

 

経済自由区域に指定されると、労働や経営関連規制などが緩和になって、投資規模に応じて地方税や関税が減免されるなど、さまざまなインセンティブが提供されます。

未来の自動車、人工知能、エネルギーなど光州の未来をために主力産業団地をすべて含めておりビジネスしやすい環境が提供されます。

未来型自動車産業地区とスマートエネルギー産業地区は光州グローバルモーターズ(光州広域と現代自動車の合弁会社)と韓国電力との協力を強化し、新たな技術や製品の開発研究を支援する計画です。

 

 

 

Previous Post